マンションが隣人から購入した大地

我が家の携帯不動産は、約80坪の土地という、木造2床建て約35坪のわが家だ。
その土地のインサイドの半ばに関しては、かつて、隣席の在宅の携帯でした。
以前までは、その上に在宅が建っていたのですが、築半世紀にはなろうかというクタクタの木造平屋(失礼な文句ですが)。
建て替えを検討する項目になったものの、消防法の絡みで、こういう場所に復興は不可能と分かりました。
相談はそれますが、私のいるのは、昔ながらの古くさい建物が密集する地方で、
仮に火事が発生してもイマージェンシー汽車は予め同行できないあたりに、狭いストリートが入り組んでいる。
なので、今の法規上では、この辺の住民が在宅を建て直す事は本当に無理。
そういった趣旨もあって、隣席の家事は別の場所に土地を購入して、在宅を建てる項目になりました。
空いた敷地は買い手を何かと探したようですが、見つからず。
紆余曲折を経て、わが家が購入する事になった次第です。
本当に買ったものの、さてどうしようかという項目になりました。
他人に貸す事も考えましたが、上記のわけもあり、とりわけ借り手は居ないだろうと考え、ボツ。
ガレージという構想もありましたが、ストリートが狭すぎて自動車を出し入れするのが困難なので、これもボツ。
元来今は、ちっちゃな所帯菜園という、洗濯干しの空白、ガラクタ場所が混在講じるカオスな余分となっています(笑)。