リフォームしても変わらない場所

リフォームしても変わらない場所

rainbow

家を売るときは信頼できる仲介業者に依頼しよう

家を売るなら、まずは周辺の不動産相場を調べましょう。

売る家と同じタイプの物件を調べて、売却価格がどの程度になっているか確認してください。
家の木

基準にする不動産は、できるだけ条件が近いものを選びましょう。

条件が違いすぎていたら、相場を調べる基準にはなりません。

広さや間取り、築年数などが近ければ近いほど、家を売るときにどれぐらいの価格になるか予想できます。

相場を調べて大まかな価値を知っておくと、仲介業者に査定をしてもらったときにも有利になります。

仲介業者に査定を依頼して価格を出してきたら、まずは相場と比べてください。

そして仲介業者から査定価格の根拠を聞いて、納得できる説明があるか様子を見ましょう。

納得できる説明もないのに調べた相場から査定価格が離れていた場合には、家を売る仲介業者としては信頼できません。

家を売るときには、高い査定価格を出してくれる仲介業者も重要ですが、信頼できることが一番重要なのです。

面白コラム(家を高く売るためにするべきこと

家を売却するときは欲張ってはいけない

家を売却するときは、できるだけ高くと思うものです。

これは人間なら誰しも思う心理で、少しでも損を減らしたいと思うことは当たり前のことです。

そのため、できるだけ購入したときの価格に近付けるために、売り出し価格は高くするかもしれません。

高い価格にしておけば損を減らすことができて、たとえ売れなかったとしても下げれば良いと思うからです。

しかし、この作戦は必ずしも上手くいくとは限りません。

特に価格を高くすることは、上手くいく可能性をかなり下げる結果になります。

これは少し考えてみれば当たり前のことで、家には相場というモノがあります。

買い手は相場を見ながら購入するか決めますから、相場よりも高い価格の家が選ばれる可能性は低くなります。

ですから、家を売却するときには、高く売却したいと思っても欲を出してはいけません。

欲を出して家を売却してもなかなか買い手がつかず、価格を下げても時機を逸することになり、売却できなくなることもあります。

家を建てたきっかけと思い

それまで何も考えていなかった我が家が一戸建てを建てたのは、私の実家の隣の土地を買って欲しいという不動産屋の訪問がきっかけでした。
いわゆる旗竿地で、旗部分が道路に面している実家の土地と噛み合うような形で隣の土地があり、そこに建つ家を借りて住んでいた家族が転居されてからしばらく放置されていたのでどうする気なんだろうと気にはなっていました。
あとから聞いた話によると通常の地価で売却しようとあちらこちらに持ちかけていたようですが、土地の形状ゆえになかなか買い手がつかなかったとのこと。
結局買うとしたらうちしかないのでは、ということでの訪問だったようです。
実家としては特に困っていることもなかったので別に買わなくてもよかったのですが、当時賃貸に住んでいた私たち夫婦がそこに住もうかという話が持ち上がり、また相場よりかなり安く買えるということもあって購入を決めました。
結局、購入した土地に元々建っていた家屋は老朽化のため使えず新築を建てることになり、境界立会いのトラブルや様々な問題を乗り越えて何とか去年、自分たちの思いを込めた家が建ちました。
今思えば、古い家にそのまま住まずに新築を建ててよかったです。
これからも、大切に生活していこうと思います。