リフォームしても変わらない場所

リフォームしても変わらない場所

rainbow

家を売るときは信頼できる仲介業者に依頼しよう

家を売るなら、まずは周辺の不動産相場を調べましょう。

売る家と同じタイプの物件を調べて、売却価格がどの程度になっているか確認してください。
家の木

基準にする不動産は、できるだけ条件が近いものを選びましょう。

条件が違いすぎていたら、相場を調べる基準にはなりません。

広さや間取り、築年数などが近ければ近いほど、家を売るときにどれぐらいの価格になるか予想できます。

相場を調べて大まかな価値を知っておくと、仲介業者に査定をしてもらったときにも有利になります。

仲介業者に査定を依頼して価格を出してきたら、まずは相場と比べてください。

そして仲介業者から査定価格の根拠を聞いて、納得できる説明があるか様子を見ましょう。

納得できる説明もないのに調べた相場から査定価格が離れていた場合には、家を売る仲介業者としては信頼できません。

家を売るときには、高い査定価格を出してくれる仲介業者も重要ですが、信頼できることが一番重要なのです。

面白コラム(家を高く売るためにするべきこと

家を売却するときは欲張ってはいけない

家を売却するときは、できるだけ高くと思うものです。

これは人間なら誰しも思う心理で、少しでも損を減らしたいと思うことは当たり前のことです。

そのため、できるだけ購入したときの価格に近付けるために、売り出し価格は高くするかもしれません。

高い価格にしておけば損を減らすことができて、たとえ売れなかったとしても下げれば良いと思うからです。

しかし、この作戦は必ずしも上手くいくとは限りません。

特に価格を高くすることは、上手くいく可能性をかなり下げる結果になります。

これは少し考えてみれば当たり前のことで、家には相場というモノがあります。

買い手は相場を見ながら購入するか決めますから、相場よりも高い価格の家が選ばれる可能性は低くなります。

ですから、家を売却するときには、高く売却したいと思っても欲を出してはいけません。

欲を出して家を売却してもなかなか買い手がつかず、価格を下げても時機を逸することになり、売却できなくなることもあります。

家を購入をする際に検討すべき事

家を購入をする際に検討すべき事
もし、これから家を購入しようと思っている方で現在土地を所有していないという方がいたら是非検討して欲しいのが地方自治体等が行っている土地の長期賃貸を利用して家を建てる事をおすすめします。
それはどうしてかというと、これを利用すれば土地を普通の相場よりもはるかに安く借りる事ができるからです。
それにこの長期の賃貸というのは10年や20年どころではいないです。
30年、50年という長期のスパンで土地を自治体から借りる事ができるのです。
当然貸主は自治体なので途中で一方的に契約解除をされる心配もないので安心して家を建てる事ができます。
しかも、その土地の賃貸料というのが普通に土地を購入した後に払わなければならない固定資産税程度のものなので実質土地を貰ったようなものです。
もちろん50年後には土地を自治体に返却する事になりますが、その時にはもう土地を必要としていないと思います。
ですから、みなさんが今後家を購入される予定があるなら是非地方自治体が行っている土地の長期賃貸借を利用されるのが良いかと思います。
ちなみに、私の友人は最近それを利用してお得に家を持つ事ができたととても喜んでいました。
ですから、私も家を購入する際には是非それを利用したいと思っています。

家を建てたきっかけと思い

家を建てたきっかけと思い
それまで何も考えていなかった我が家が一戸建てを建てたのは、私の実家の隣の土地を買って欲しいという不動産屋の訪問がきっかけでした。
いわゆる旗竿地で、旗部分が道路に面している実家の土地と噛み合うような形で隣の土地があり、そこに建つ家を借りて住んでいた家族が転居されてからしばらく放置されていたのでどうする気なんだろうと気にはなっていました。
あとから聞いた話によると通常の地価で売却しようとあちらこちらに持ちかけていたようですが、土地の形状ゆえになかなか買い手がつかなかったとのこと。
結局買うとしたらうちしかないのでは、ということでの訪問だったようです。
実家としては特に困っていることもなかったので別に買わなくてもよかったのですが、当時賃貸に住んでいた私たち夫婦がそこに住もうかという話が持ち上がり、また相場よりかなり安く買えるということもあって購入を決めました。
結局、購入した土地に元々建っていた家屋は老朽化のため使えず新築を建てることになり、境界立会いのトラブルや様々な問題を乗り越えて何とか去年、自分たちの思いを込めた家が建ちました。
今思えば、古い家にそのまま住まずに新築を建ててよかったです。
これからも、大切に生活していこうと思います。

何回かリフォームを行っていますが

私の家は何回かリフォームを行っていますが、何度やっても変わらない場所があります。
それは庭付近です元々住宅地にあるため、大きい庭ではないのですが、それでも潰さないで利用できるスペースが用意されています。

そんなに花も植えていませんし、見た目には大した事の無い場所ですが、緑を感じられる場所として残しておかなければなりませんそれ以上にこの部分を潰してしまうと、洗濯物が干せないという問題もあります。
家を広くしたとは考えていますが、庭を潰してまで拡張したいとは考えていませんこうした緑を感じられる場所が、家には無ければならないと思います。

マンションであっても家庭菜園などで緑を作っておけば、癒しの場所を手に入れることができるのです。
緑は四季を感じさせてくれる良いものですから、家を建てる際には残したい所ですね手入れは大変ですが、綺麗な庭は遊ぶスペースとしても利用できます。

最近は野良猫が良く入ってくるようになり、対策をしなければならないと感じていますが、動物が行き交う場所を残すことも大切だと思っています。

袋小路に住むのは、危険です

夫婦2人暮らしです。
数年前に戸建住宅を購入しました。

畑だった土地を宅地で売り出された袋小路の土地に7世帯の家が建ちました。
念願の我が家でしたが、この土地選びが最悪の結果を生んだのです。

住宅地の袋小路は、いわば住民専用の独立地域のようなものなのです。
車も関係者以外は殆ど入って来ません。

そのため、私道は子供たちの公園となっているのです。
狭い道路で、日々10人以上の子供が奇声をあげて遊びます。

ボール遊びも盛んで、バンバンと勢いのよい音をたてて、そこら中にぶつけています。
車にボールを当てても、子供も親も気に留めずに大騒ぎです。

他人の家の敷地だろうが関係ありません。
特に袋小路の一番奥の我が家は、最大の被害者です。

向かいの奥さんが、周りのママ友を私の家の前に集めて井戸端会議を仕切っています。
人の家の前で、何時間も話し込む神経が理解できません。

ママ友さんたちには、集会場のある良い土地なのでしょうが、私はストレスがたまるばかりです。
袋小路に住むのは、逃げ場がなく危険だと思います。

家のリフォームを数日間で完成させる会社が気になる

家のリフォームを数日間で完成させる会社が気になる
近所にある家は、ほとんどが築40年近くになります。
みな建物もだんだんと古くなり、壁の部分にカビなどが生えている事があります。
カビだけなら良いですが、大きな長いヒビまで入っている事があるのです。
「危ないなあ」と思いますが、その壁のヒビは、どこの家にも見られるものなのです。
築20年頃まではできませんが、30年近くになると徐々にヒビが入るようになりました。
どこの家でも、劣化の速度は同じなんだと感じました。
近所では、その家をリフォームしていました。
かなり古かった家で、築50年以上という家でした。
ヒビどろこではなく、屋根も剥げ落ちていました。
家の外観も古く、今にも崩れそうな感じでした。
そんな家を、たった10日ほどで見違えるように綺麗にしてしまったのです。
なんでも、リフォーム会社に頼んだと言っていました。
そのリフォーム会社は、テレビのコマーシャルでやっている話題の会社でした。
とても安く、外観だけではなく、内装も劇的に変えたそうです。
家もやってもらいたいなと思った便利なリフォームです。

収納スペースのありがたみ

収納スペースのありがたみ
 17年程前に今住んで入る家を購入したのですが入居前にはあまり気にとめなかった多くの収納スペースが入居後にずいぶん便利で役に立っていますのでそのことをここに書かせていただきます。
 私が購入した家には最初から色々な所に造り付けの収納スペースが多くありました。
 2つの洋室それぞれにクローゼットがありますし、2つの和室にも天袋付き押入れとクローゼットがあります。
リビングには納戸がついています。
キッチンには造り付けの食器棚、食品庫、床下収納があります。
洗面室はリネン庫がついていて、タオルなど収納できます。
2つのトイレにはトイレットペーパーなど収納できる棚があります。
玄関には奥行き35cmで天井までの大きなシューズボックスが設置されていて靴や傘など十分収納できます。
階段の空間を利用した物入れも1階と2階に設置されていますので家事用具入れなどとして使用しています。
 造り付けの収納スペースが多いと後で収納用家具を置く必要がありませんのでお部屋が広く使えます。
入居後すぐは各部屋の収納スペースに空きスペースが多くありましたが今ではほとんどスペースが空いていません。
造り付けの収納スペースは長く住めば住むほど、ありがたみを感じます。

マイホームを持つ事が出来ました

ずっと賃貸マンションで生活してきた私にとって、マイホームを持つ事は夢でした。
ですが、収入的にローンを組むのは難しいと思っていたのです。

もし組めたとしても、とても払いきれないとも思っていましたね。
ところがある日、会社で新聞のチラシを何気に見て驚きました。

それは中古住宅のチラシだったのですが、一千万円を下回る物件が数多く紹介されていたのです。
もちろんどれも普通の住宅です。

中には結構オシャレな家もありました。
私のイメージでは、一戸建て住宅は安くても二千万円はすると思っていたのです。

ところがそれはひと昔前の認識だったのです。
その会社に電話を掛けて返済パターンを聞いてみると、何と今払っている家賃の半分程度でした。

それから1ヶ月、焦る気持ちを押さえながらマイホーム探しを行いまして、無事ローンを組む事が出来ました。
ほんの偶然で私は念願のマイホームを持てたのです。

マイホームは誰もが手が届く時代になったのかも知れませんね。